西吾妻山
2020.04.06
  武部

2020.2月29日(土) 曇、霧

 今日は前回より少し視界は良く、人が多く入っていることだ。ロープウェイ上で今日泊る「かもしか」に、一部荷物を預ける。まだここは視界あるが、すぐ上から雲の中だ。リフト終点からはトレースがバッチリあった。どうも前に自分が付けたトレースと同じルートの気がする。たくさんの人が歩いており、そのトレースに従い、梵天岩に着く。ものすごい風だ。そこからは西吾妻山まではすぐだ。
 山頂付近は雲の中でホワイトアウトだ。グランデコ側から登ってくる人の方が多く、山頂はたくさんの人だ。とりあえず西吾妻小屋まで向かおうとして、登ってくる人たちのルートを辿るが、木が混んでおり、シールで降りるのも難しい状況であり、視界もないので戻ることにする。なんとか梵天岩方面のルートを見つけて進むが、シールのため行きすぎてトレースを見失う。一休みして、磁石と地図で進み、行きに通らなかった天狗岩にたどり着く。
 梵天岩を経由して、滑るがまたトレースを外す。先程は北に行きすぎ、今度は南に行きすぎという感じだ。少し滑るとガスが晴れてきた。1900m付近は雲の下ということだ。せっかくだから、中大嶺方面に登る。登り出すとまた、ガスの中だ。ほとんど平らになるところまで登り、また、迷子になりそうなので、シールをつけたままで下る。樹林帯の入り口は、前回よりも数十m下になるが、今日きたルートを間違えなく入り、ホットした。木が混んでいるので、スキー場が見えてから、シールを外した。

リフト上10:30―――1900m 11:00―――梵天岩11:40―――西吾妻山12:05/30―――天狗岩 13:15―――梵天岩13:25―――1900m 14:00/05―――中大嶺手前 14:15/20―――スキー場上15:00

2020.3月1日(日) 曇、霧、晴れ

 昨日の天気予報では、10時から3時ころが晴れの天気だったが、西吾妻山に近づく頃からホワイトアウトになってきた。(これは、下ったときにわかったが、高度のため)山頂で、若女平のコースに行くのか、戻るか、悩む。とりあえず、西吾妻避難小屋に行くことに決めるが、一旦南に少し下ってから北にトラバースするようにルートをとった。思いのほか樹氷があり、失敗の感があったがなんとか正規のルートに戻った。たくさんの人が登ってくる。
 樹氷が無くなってから、少し下って西吾妻避難小屋に着いた。まだ、ホワイトアウトだ。休憩していると、たまに、ガスが少し薄くなる。その繰り返しだ。かなりのガスの中、若女平のコースに行くことにする。トレースはあるが、それに頼らず、西よりにルートをとり、快適に滑る。小さな沢が出てきたので右岸のゆるやかな尾根に出る。そこは、1900m位でもう雲の下になった。
・1900m付近の樹氷(もう雲の下になった)


 そこからも快適に滑る。トレースに会い、また、西側を滑る。滑るコースがよくないことに気づき、沢床を目指してトレースに近づく。1600m位までは沢の左岸を滑る。1600m位から右岸に出ようとしたが、あまりよくなく、結局、トレースに従って、1520mで右岸に出た。ここで休憩にする。後は木がたくさん出ていて、気をつけながら滑る。どんどんトレースが多くなり、トレースがないところを滑ると、危うくコースを間違いそうになる。
 痩せ尾根の上にくると、やせ尾根は木がかなりあり、雪が多くの人が滑って落ちているので、ツボ足になる。やせ尾根の下で再度スキーを履くが、もう木がすごく、滑るコースを決めるのが大変だ。尾根から外れるところからは、再び急になった。ここでまたツボ足になる。
 急なところを過ぎると、またスキーを履くが、さらに木が多く悪戦苦闘する。トレースはあるが、最後に谷間に降りるところがわからず、ロープウェイに乗り遅れそうであせる。登り返し、上流に向かって斜滑降で下に降りる。後は、谷間を滑るだけだ。そう思っていると、途中十cm程水が流れているところを横切るところがあり、右側は落ちているので、注意して普通に斜滑降で通過しようとした。どうも雪の下に空間があったらしく、重さで雪が崩れて、自分の後ろが下がってしまい登りきれず、数m下に落ちるところだった。たまたまそれなりに太い木が生えていたので、それを右手で押して態勢を整えた。最後は狭い手すりの無い橋を、スキーで滑って渡って雪で通行止めの車道に出た。あとすぐでゴールだ。
 ロープウェイ最終は16時と思っていたので、乗り遅れると思ってヒッチハイクをしてロープウェイ乗り場まで乗せてもらった。(ロープウェイ最終は、16:40分だった。)

リフト上9:50―――1900m 10:30/40―――――西吾妻山11:15/45―――西吾妻避難小屋12:10/25―――1910m 12:45/50―――沢渡る 1520m13:40/50―――やせ尾根上 14:30―――やせ尾根下 14:50―――尾根分岐 15:00―――車道15:40

2020.3月2日(月) 曇、霧

 今日は、ずっと天気が悪い。もう平日なので人も登らない。ガスの中多少は視界があるので中大嶺に向かう。今日は、中大嶺手前でシールを外す。滑りすぎないように気を付けて滑り、樹林帯に入る。もう樹林帯も大分覚えたので登りトレースを外して滑る。スキー場まではあっという間だ。
 無料休息所「ホワイト」で焚火をしていると、横殴りの雪になった。後は、ロープウェイ下まで滑った。

リフト上9:40―――開ける10:20/40―――中大嶺手前 10:45/55―――スキー場上11:20
谷川岳
2020.04.06
  千葉、武部(記)
2020.2月24日(日) 曇、晴れ
 ロープウェイの切符売り場は行列だ。昨日は雪でロープウェイは15分程開始時間が遅れるとのこと。田尻沢のコースは雪崩の危険があるので閉鎖だった。千葉さんを探す。一周して戻ってきたところで千葉さんと会う。
ロープウェイから西黒沢を見ると、まだ水が流れていた。雪で埋まっていない。今年は雪が少なく、ロープウェイの下までスキーで滑るのは沢に落ちる可能性等があり、また、かなりの距離をツボ足で歩くことになり、止めた方がいいようだ。ロープウェイ上から見ると、谷川岳はまだ少し雲の中になっていた。ここからシールで登るが、急になると自分はツボ足で登る。千葉さんはシールのまま登りきる。登りきると谷川岳はまだ雲の中だ。(もうすぐ雲から出る。)再びシールになるが、昨年に比べ雪は少なく結構木が出ているので、木をよけながら稜線に出る。稜線は木が密集しており、木をよけるのが大変だ。
 ロープのある岩場にさしかかるので、早めにツボ足になる。岩場は、アイゼンを付けずにそのまま下る。避難小屋に向かう途中、西黒沢を広範囲に見渡せるが、ずっと水が流れていた。今年は西黒沢を滑るのを止めた方がいい感じだ。避難小屋は屋根が出ており、東側の壁も上部は雪の上だ。昨年は、4月になっても屋根の上1m位雪があった(屋根の上のポールの長さからわかる)ので、雪不足がよくわかる。
・避難小屋手前からの谷川岳(雲から姿を見せた)


 ここからの登りで、流れ止めの調子が悪くて外れ、時間をロスする。少し登って、風で雪が飛ばされたところにさしかかり、今度はクトーを付ける。なかなか進まない。山頂からはいつものように、国境稜線が見渡せる。至仏岳、武尊方面もすばらしい。天気はいいが時間がもう遅いので、オキの耳に行くのは止める。山頂の雪は、昨年の3月よりも多い感じだ。
 風が強いので、すぐに滑走準備に入る。肩の小屋付近からカールに入ったところで休憩。
ここから1700m付近にある天狗の踊り場の岩までの大滑走は、ちょっと雪が重く、バランスをとるのがむずかしいが、トレースのないところを選んで滑り、楽しかった。千葉さんは、結構苦労していた。


・山頂からの上越国境稜線


 天狗の踊り場の岩からは稜線の南側を滑るが、すでに太陽で雪はかなり重くなっている。最初は雪崩れないか、慎重に滑る。(雪崩そうなためか、尾根の逆側のためかわからないが、ここはトレース無し)木が出てくるまでは、雪が重いが快適に滑る。滑ると板の上に10cm雪が載る感じなので、木が出てくると、木をかわすのが大変。
 上から1時間程で、避難小屋に着く。雪が重く、もう足は結構疲れている。後はツボ足でロープのある岩場に向かう。岩場を過ぎると、千葉さんはシールで降りたが、自分はそのままツボ足にした。木が多く大変だ。スキー場が見えるところまで登り返すと、後一滑りだ。もう雪は悪くなっているので、気をつけて滑る。
ロープウェイ上9:30/45―――避難小屋11:30―――天狗の踊り場の岩12:30―――谷川岳(トマの耳)13:25/45―――カール上14:05―――避難小屋15:00/05―――スキー場上16:00/05―――ロープウェイ上16:15
西吾妻撤退
2020.04.06
武部

2020.2月8日(土) 霧
 ロープウェイの駐車場で、ロープウェイの上の吾妻連峰はすでに雲の中であることはわかった。吾妻連峰は何十年振りであるが、視界がないと大変な場所であることはよく覚えている。ロープウェイを降り、リフトを乗り継ぐともう視界はあまり無い。リフト2本目の上にある「ホワイト」という無料休憩所に入る。ここで、焚火をしてかなり過ごすが、視界はあまりよくならないので、ついに登ることにする。
 リフト終点からはトレースがあった。少し登ると2人ツボ足+ワカン1人の3人パーティに追いついた。小屋に泊るのか聞いたところ、ラッセルが大変で、もう戻るとのことであった。彼らの前にもトレースがあり、少しそれを辿るが、あるところから左に曲がっていた。当初の計画は西吾妻なので、そこを自分は右に進んだ。(トレースは無い)15分も行かないうちに、樹林帯が疎らになってきた。前方を見ながら進むと、ゴロリ。ガスと雪の区別がつかないのか、メガネが曇っていて良く見えなかったのかわからないが、30cm?の段差がよくわからず、転倒してしまった。巨大なシュカブラとでも言うのか、木の周りに30cm以上の段差があるところが多数ある。
 休憩して、少し進むが、これ以上進むと樹林帯から出たトレースはすぐに消えて戻れなくなるので、もう戻ることにする。先程の分岐まで戻る。今度は下から見て、左に進んでいるトレースを辿り、中大嶺方面に向かう。15分程で樹林帯が疎らになると、トレースはわからなくなった。このまま登り、斜度があまりなくなるところまで到達すると、シールのまますぐに引き返した。樹林帯の入り口を間違えなく入り、分岐までくるとホットした。木が混んでいるので、スキー場が見えてから、シールを外した。
 帰りも、「ホワイト」に寄って焚火をする。スキー場を降りるとき、ホワイトアウトになり、非常に困った。リフト下では、はて?どっちに行くのか、迷ってしまった。登り返して、ロープウェイ下まで滑る。

リフト上11:10―――分岐11:50―――Uターン12:20―――分岐12:30/45―――中大嶺手前13:20―――スキー場上14:00

- CafeLog -