鍋倉山 2020/02/21(金)
2020.03.10
■報告者 樋渡
■山域、山名 北信、鍋倉山
■メンバー 樋渡
■日程、天候 2020年2月21日(金)、快晴
■コースタイム 6時間30分 (集落除雪終了点 09:30 16:05 温井集落除雪終了点)
■山行記録
温井集落除雪終了点の駐車台数は8台。 09:30出発する。 昨年末に見えていた温井集落除雪終了点奥
にある小屋の後ろにあるお墓の先端部分が今日も15センチほど見えている。 出発時はガスに覆われ
ていたが、進むに従ってガスがなくなっていく。 出だしはいつものルートを行くが、あっという間に
暑くなりウインドプレーカーを脱いで進んだ。 空はいつの間にか快晴となっている。 林道は道路全面
が雪で覆われているわけではないので道路横に上がって進むが、ロープの支柱の頭がところどころ出て
いた。 ここ数年は都立大小屋裏から沢の左岸側を進むがヤブがでていそうなので林道を150mほど
進んだところから左側に上がった。 鍋倉山へは黒倉山との鞍部を経由して行く。 2時間45分ほどで
山頂へ到着。
今日は何回か登り返したいので、先ずは山頂から東側へ200mほど進んだところから一本。 例年
よりブッシュは多いがいつも通り楽しい。 次は一本目よりも少し上から。 三本目は気温が下がって
きたので陽がまだ当たっている黒倉山から滑った。 登ってきたトレースに合流したかったが、沢を
渡る個所の雪が少ないので少し苦労した。 いつもよりも北側を滑ったが、もう少し北側にある尾根
筋を滑った方が良いかも知れない。 来年の課題としよう。
標高900m位からダラダラと下ることになるが、表面が凍ってきたの表面が荒れているので大変
滑り難い。 標高780m位から林道に入った。 しかし日中の日差しのせいで路面が乾いている場所
がいくつもあり、気を遣う下山となった。 除雪終了点へは林の中から滑って出て来たが、タンボと
の境目のところが小川になっていて最後はスキーを外して飛び越えることになってしまった。
山中は楽しませてもらったが、寡雪の時のアプローチ方法など勉強になった山行であった。

以上
守門大岳
2020.03.08
■報告者名 IA
■山域、山名 守門大岳
■メンバー L:IA、M:川島、菅澤、渡辺
■日程 2020年3月7日土曜日 天候 快晴無風
■コースタイム 6時間半
■山行記録



 二分の除雪終了点には8時半過ぎの到着。既に30台以上の車が並ぶ。雪が全然ない。林道のショートカットは問題外で延々と林道歩き。目指す山とは反対方向に水平移動を強いられる。林道終点後の長峰への登りも沢筋は口を開けているし、尾根上は藪を避けての細かいアップダウン登行となる。帰りの滑降を考えると気が重くなる。
 保久礼小屋に11時半到着。小屋から夏道方向へ降りていくグループがあり話をすると、雪が少ない時は夏道が早いとのこと。帰りはこれを使わせてもらうことにする。ブナ林の尾根を登り大岳ピーク到着13時半。快晴無風のもと広大な眺望が広がる。今年の袴岳方面の雪庇はとても小さい。





 本日は徒歩の登山者がとても多く登ってきた尾根は時間が遅いこともありギタギタの状態が予想される。北側の尾根の状態が良さそうで、前から一度行ってみたかった。メンバーの足もそろっているし、天候も安定しているので、行ってみることにする。結果、保久礼小屋からの尾根より断然おすすめ。最高の滑降を楽しめた。ただ、後半地形が複雑で細かい沢が入っているので、下降方向右側に引っ張られやすいので注意が必要と感じた。



保久礼小屋の前の地形図にない橋を渡って登りのコースに戻る。ここから、夏道コースを降りる。ほんの100mほどの下降で林道に出て、そこからは自動運転で車に戻ることができた。到着時間15:20。林道途中に雪崩のやばそうなところが2ヶ所ほどあり雪の多い時はおすすめできない。

鍋倉山 (2/23,24 3名)
2020.03.01
■報告者  今村美生
■山域、山名  鍋倉山
■メンバー L:サトシン、M:今村、O氏(友人) 計3名
■日程、天候
  2020年2月23日(土) 神奈川→温井集落→鍋倉→温井集落 天候:風雪強し 戸狩温泉泊
  2020年2月24日(日) 温井集落→鍋倉→温井集落→神奈川 天候:晴れ、ほぼ無風
■コースタイム(ルートは添付地図参照)
  2020年2月23日(土)温井集落通行止め地点→<2h45m>→鍋倉黒倉鞍部(1200m)→<15m>→鍋倉山頂への途中(1245m)にて滑降準備、滑降開始→東斜面にドロップイン、谷をトラバース気味に滑降→<1h>→駐車地点
  2020年2月24日(日)温井集落通行止め地点→<2h15m>→鍋倉黒倉鞍部(1215m)→<20m>→鍋倉山頂(1289m) 滑降準備→東斜面にドロップイン、谷をトラバース気味に滑降し、最後の大斜面上部に出て滑降→<1h>→駐車地点
好天だった2日目の方が、初日より短時間でハイクアップ&ダウンヒル
■山行記録
 初日 2月23日(土) 風雪
 強い冬型で日本海側にはたっぷりと雪が降っているとの予報。悪天候の場合は最悪スキー場での足慣らしのつもりで、とにかく行こう!Oさんの車に3人で便乗して早朝の神奈川を出発し、途中のSA・PAで休憩、交代、おやつタイムを満喫しながら飯山に向かう。温井集落の通行止め地点到着は10時過ぎ。悪天候のせいか車は少なく、15台程度か。準備をしていると既に降りてきた人たちがいたので山の様子を聞くと、「雪はいいよ!今日は風が強いから谷で遊ぶのがいいね!」とのこと。スキー場プランなど頭から吹っ飛んだ3人はいそいそと準備をして10:45に出発!時間が遅いので、ハイクアップのタイムリミットを14時に定めて出発した。
 風雪はかなり強いので、都立大の小屋付近から登山ルートと接近する777m付近まで、多少は風が防げると思われる林道メインにハイクアップした。風雪の強い今日は、多少遠回りでもこの手段は正解だったと思う。
 登山ルートはトレースはほぼ完全に吹き飛ばされており、視界もあまり良くないので全体的な地形と2/9のGPS記録を参考にしながらルートファインディング。どんどん降り積もる雪が気持ちを奮い立たせてくれる。
 谷のトラバースの登りに入ると斜面の状態がわかってきた。数日前に降った雨が凍ったようで、ところどころカリカリの斜面がむき出しになっており、ふかふかパウダーの吹き溜まりとのミックス斜面。ちょっと滑りにくいかなーと思いながらさらに高度を上げていくと、谷の奥の方は斜面全体に雪が降り積もっている様子。期待にワクワク。
 13:30頃に黒倉との鞍部付近に着き、進路を鍋倉山頂に変えて尾根に出たところで急に風が強まった。暴風と言っていいほどの猛烈な風!!何とか少しハイクアップしたが、これ以上進んでも面白くなさそうだし、明日もあるからということでサクッと下山を判断し、風の中でダウンヒルの準備。
 尾根から東斜面を覗きこむ。樹間が空いていてとても素敵な感じ。雪ももちろんフカフカパウダー!とういことで、13:55頃飛び込んだ!
 ここからは猛烈に楽しかった記憶しかない。ノートラックのフカフカ斜面を奇声を上げながら一気にダウンヒル!100mくらい滑ったところで斜面を見上げて感無量。おかわりしたくなったがタイムリミットの14時なのでダウンヒルを続けることにした。写真は雪煙を巻き上げるサトシン。

 そこからは高度を下げすぎないように、でもトラバースだけだと面白くないので適度にターンを交えながら楽しく滑った。途中からはやはりカリカリ斜面とのミックスになり始めたので特にカリカリの多い大木の近くは慎重に。最後は歩くスキーで筋トレ修行。大満足で15時頃に駐車地点まで下山。いやー楽しい一日でした。しかも宿は食事が美味しく温泉も楽しめるたんぼ荘。最高です。

 二日目 2月24日(日) 晴れ 無風
 欲を言えば夜の間に積もってほしかったが、宿の周りはほとんど新雪は降っていない模様。朝からピーカン!今日はハイキングくらいのつもりだねーと軽口を叩きながら通行止め地点へ。
 8時過ぎに到着すると、昨日とは違って長蛇の列!30台目くらいに駐車。早めにスタートした菅澤号は15台目くらい。
 周囲では大勢が続々とスタート。団体もいるし、昨日とは全く違った賑わい。お祭り気分でこれはこれで楽しい。
 8:30頃スタート!すぐに暑くなり、スキーウェアを脱ぐ羽目に。まるで春スキー。結局スキーパンツは最後まで使わなかった。ルートファインディングを求められた昨日と違い、くっきりとしたトレース沿いにひたすら楽しくハイクアップ。青い空と白い雪!楽しい!途中、大斜面の下部をトラバースしているときに見覚えのあるパーティが滑り降りてきた。菅澤隊だ!雪はかなりいいよ!とのこと。お互い楽しくていい日です。写真の後ろの方にダウンヒルする岩崎さんが写っています。

 順調に高度を上げ、11時に山頂到着!楽しい!気持ちイイ!景色いい!風も無いのでのんびり準備。

 さてどこを滑りましょうかね。日が照っているので斜面を選ばないと雪が良くないかもしれない。やはり谷の中が良いだろうということで、同志会ルートの尾根には行かず、東斜面に滑り降りることとした。
 11時過ぎに北東方面へドロップイン。この斜面はとても良い斜面だったが、いかんせん今日は人が多すぎてギタギタになっている。シュプールが少なそうな斜面を探して右へ右へと移動していくと、ところどころナイスな斜面を発見。

日が照っているにもかかわらず、谷の中はパウダーが保たれていてなかなか良い!楽しく滑り、けっこうな高度が保たれた状態で最後の大斜面に突入したが、手前側(スキーヤーズレフト)の雪はグズグズ状態。腐ってきたかーっと落胆しながらもう少し先に進むと、意外に良い雪が残っていたので、今日のダウンヒルの最後を楽しめた!下山コースは暖かさも雪の状態も既に春スキーの雰囲気。まだ厳冬期なのに。。。ところどころの悪雪との戦いもあり、3人とも結構ヘロヘロになりながら駐車地点まで戻った。
 
 いやー、それにしてもこの雪不足のシーズンにここまで楽しめるのはさすが鍋倉!2日間、たっぷり堪能できました。そして、まだまだ斜面の研究を続けたい!


文責 今村
四ツ岳
2020.03.01
■報告者名 たまちゃん
■山域、山名 四ツ岳(乗鞍)
■メンバー L:おおちゃん、M :Fさん、たまちゃん、新人ゆうこちゃん
■日程、天候 快晴 微風
■コースタイム 10時間 (登り6時間30分 休憩30分 下り3時間)
■山行記録
2020年3月1日 たまちゃん記
私は、東京マラソンが6年ぶりに当選。しかし、コロナウィルス対策のため中止に、おおちゃんの企画に便乗。平湯から四ッ岳へ


ログです。渡渉ポイントは同じ

昨シーズン年末の四ツ岳は、雪不足のため、藪スキー、美味しい斜面はお預け、今回はリベンジです。
天気は微風晴天、森林限界過ぎたあたり北アルプスや乗鞍の雪景色は、最高に美しかったです。

宿3時起床、4時出発
平湯キャンプ場駐車場
冬季は無人のため、無料
4:30スタート
ヘッドライトをつけ、進む
渡渉のスノーブリッジは無し、石の上を慎重に歩く、四ッ岳は森林限界を抜ける2,400mを越えたあたりから、頂上までの2,700mまでがきれいです。景色を味わいながら、登って行く。

2300mを過ぎたあたりから、眺望が開ける。1400mスタートから約5時間


山頂からの景色最高!

頂上からの景色は良い。
頂上からドロップイン
斜度30度程度で滑りやすい。
森林限界以降は、ざぐざくの重い雪で、舵が切れない。
ほとんど斜滑降で降りる。14:30終了。
天気が良いときのBCスキーは、最高です。
コロナウィルスのためか、自粛により、高速道路は渋滞無し、サービスエリアも日曜日というのに平日の様子でした。

よろかったら、ヤマップ写真帳ご覧ください。(いいねクリックおねがいします。)
https://yamap.com/activities/5743326
北海道・羊蹄山 北北西面
2020.02.25
■報告者名 IA
■山域、山名 北海道・羊蹄山 北北西面
■メンバー L:立田、M:IA、川島、ジン、ふくちゃん、渡辺
■日程 2020年2月22日 天候 晴れのち曇り風あり
■コースタイム 7時間
■山行記録
羊蹄2日目は、低気圧の影響で南風が入るため風裏の北北西面を立田隊長以下5名でやる。ヤマレコにも2017年から記録のないマイナールート。



6時過ぎスタートにもかかわらず、先行者なし。最後まで他グループとは遭遇せず。林道が強風で吹き溜まり通行不可のため、当初予定より1㎞手前、道道478号(標高230m)からのスタートとなる。羊蹄山がはるか先に見える。



しばらく平坦な林道を行ったあと、起伏のある藪のうるさい尾根に取付く。なかなか傾斜が出てこない。その後もやぶがうるさく滑る場所を物色しながら登る。





11時過ぎに隊長の最低ノルマ登行1000mを越え、1280m地点で風も強く視界も悪くなってきたので、登行終了。登行ルートを絡みながら、藪を避けて左右を滑降。他の羊蹄のコースよりは滑りにくいが、登行時に感じたほど藪も気にならず。北面だけに雪質良好。



後半西に寄り過ぎ、緩斜面でトレースを活用するためトラバースで戻る。あとで見ると山の北側が最後まで天気が良かった様で、本日、北北西面は正解のチョイスだったようだ。個人的には羊蹄の他のコースと比較して魅力的とは言い難いが、南風の時などの代替コースとしては有り。本日は十分に満足のいく一日であった。

- CafeLog -